ホーム 事業内容 施工実績 会社案内 お問い合わせ 採用情報
お知らせ 施工の様子
地盤改良事業   SOIL

当社は、天然砕石を利用して軟弱地盤を改良する
『HySPEED工法』で施工します。



HySPEED工法とは?

地盤改良工法『HySPEED』とは、セメントなどの固結材を一切使わずに、
砕石という天然素材だけを利用して軟弱地盤を改良する工法です。


従来のセメント系柱状改良、鋼管杭による地盤改良では、結果として地中に産業廃棄物を埋め込むことになります。
セメントの強アルカリ又六価クロムによる土壌への影響は深刻な土壌汚染の問題になりかねません。
しかしHySPEED工法は砕石と空気しか使いません。砕石はリサイクル砕石ではなく、自然石から作られる砕石を使用しています。
100%の自然素材と地盤の特性を上手く利用した、環境負荷の非常に小さい環境保全型地盤改良であり、お施主様の「健康」と「資産」を
守る地盤改良工法でもあります。
代表的な特徴

・土壌汚染、地下水汚染ゼロ
・CO2削減量大(他工法比較による)
・地価下落なし(将来の撤去不要)
・液状化防止効果
・リユース、リサイクル

バイブロフローテーション工法、サンドコンパクション工法を宅地用に改良した工法です。
掘削技術と施工機器の研究によりローコスト化を実現しました。
施工の流れ

2重管ドリル正転により設計杭長までの掘削
砕石を投入しドリルを逆回転(掘削とは逆向きの回転)させることで押し込み力を高め、砕石及び周辺地盤への圧密を促進します。

エアハンマーによる振動衝撃が圧密効果を高めます。周辺地盤の土質と強さにより、圧密の度合いにバラツキがはてます。
このバラツキは、弱い地盤は圧密がより進行し、強い地盤はそれ相当の圧密がかかるというもので、全体として同等の地盤耐力が
得られるということになります。

施工写真


〒743-0061 山口県光市大字小周防1523番1
TEL:0833-76-1020 FAX:0833-76-1021

© 2011 KAEABATA CORPORATION.